ペイントミュージアム

ペイントミュージアム

HOME > 塗料のミニ知識 > 塗料の種類 > 塗料の種類表

塗料の種類

塗料の種類表

toryou-syurui.jpg 塗料の種類表の通り、塗料は水性・溶剤(強溶剤・弱溶剤)があります。
下記塗料分類一覧表を参考にして下さい。

  特徴 品質
(樹脂の種類)
防カビ
防藻
低汚染 環境
対応
期待
耐用年数
当社施工価格
(メーカー施工価格)
アクリル
タイプ
アクリル樹脂塗料といい。基本成分である樹脂が アクリル系の塗料で、戸建住宅の外壁に一番多く 使われてきた定番。
価格は手頃ですが耐用年数が短い。
下塗り材
下地調整材
+
多機能型
単層弾性
(2回塗り)
5~7年 1800~2000円
/m2
関西ペイント価格
(2750円/m2
水性
ウレタン
タイプ
基本成分である樹脂がウレタン系の塗料のこと。 密着性に優れ、耐候性もあります。 オール水性仕上げなので低臭・低汚染です。 下塗り材
下地調整材

ウレタン樹脂仕上げ
2回塗り
☆☆ ☆☆ 7~10年 2200~2400円
/m2
関西ペイント価格
(3000円/m2
溶剤
ウレタン
タイプ
基本成分である樹脂が溶剤ウレタン系の塗料のです。 密着性に優れ、耐候性もあります。
(低汚染タイプ)
下塗り材
下地調整材

ウレタン樹脂仕上げ
2回塗り
☆☆ ☆☆ 8~10年 2200~2400円
/m2
関西ペイント価格
(3000円/m2
水性
シリコン
タイプ
基本成分である樹脂がシリコン系の塗料で、 熱に強く、水性仕上げで低臭環境にもやさしく 耐久性もかなり高いです。
下塗り材
下地調整材

水性シリコン仕上
(2回塗り)
☆☆ ☆☆ 10年前後 2200~2400円
/m2
関西ペイント価格
(3000円/m2
溶剤
シリコン
タイプ
基本成分である樹脂がシリコン系の塗料で、 溶剤系なので変退色、艶引けがなく耐久性抜群 (低汚染タイプ)
下塗り材
下地調整材

溶剤シリコン仕上
(2回塗り)
☆☆☆ ☆☆ 10~12年 2600~2800円
/m2
関西ペイント価格
(3700円/m2
光触媒
水性
シリコン
光触媒に光(紫外線)が当たることにより、親水性や分解力が 生まれます。親水性により外壁に付着した汚れを雨水で 洗い流すことや、分解力によりカビ、細菌の繁殖や、汚れの こびりつきを抑制するとともに、大気中の窒素酸化物や硫黄酸化物 を分解し空気をきれいにすることが出来ます。
下塗り材
下地調整材

水性シリコン仕上
(2回塗り)
☆☆☆☆ ☆☆☆ 10~15年 3800円より
/m2
TOTOオキツモ価格
(4800円/m2より)
フッソ
タイプ
基本成分である樹脂がフッ素系の塗料のことで、 低汚染性、耐候性に優れ、長期間にわたり変退色 艶引けがなく、耐久性において最高レベルです
下塗り材
下地調整材

水性フッ素樹脂
仕上
(2回塗り)
☆☆☆☆ ☆☆☆☆ 15~20年 4000円より
/m2
AGコーテック価格
(4600円/m2より)
施工価格は、壁の模様や傷み具合により変動します。
耐候性が良いほど、樹脂が高価になるため、施工金額も高くなります。
期待耐用年数は、気候・温度・立地条件などにより変化します。



塗料の種類一覧はこちらから


ページの上へ

?