ペイントミュージアム

ペイントミュージアム

HOME > 塗料のミニ知識 > 塗料の役割

塗料のミニ知識

塗料の役割

塗料の成分

penkican.gif

ペンキの中身は、基本成分と補助成分に分けられます。
基本成分は、主に塗膜の耐久性に関する樹脂と、粘度や色をつける顔料などです。


補助成分は、艶を調節したり、機能をもたせる添加剤などが含まれています。

塗料成分のうち6~8割は揮発する、水・シンナー・アルコールなどで、これは塗料を薄めたり溶かして軟らかく塗り易くしています。

遮熱・断熱塗料

建造物の屋根に塗装することで、優れた遮熱効果を発揮する屋根専用の遮熱塗料です。

幅広い色相領域で夏期の熱暑を防ぎ、室内環境の向上、冷房費の節約に役立ちます。


ページの上へ

?