ペイントミュージアム

ペイントミュージアム

HOME > 塗替え・リフォーム > 自分でペイント > 壁紙

自分でペイント

壁紙

荻野化成本社3Fの壁紙をインテリア用ペイントで塗り替えました。部屋の広さは7畳、約5時間で仕上がりました。下準備が面倒かもしれませんが、ローラーを転がすのは楽しいですよ!
ペイントした壁は汚れやすいイメージがあるかもしれませんが水拭きしても大丈夫、豊富な色からこだわりの色を選んで、トライしてください!

壁紙の塗替え前後

使用するペンキ:リーガルアクアベルベット/ベンジャミンムーア社

米国のペイントメーカーの製品です。水性で色数が3481色と豊富、海外のAIMルールをクリアした低VOC、無鉛の人と環境に優しい塗料です。ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンも含まれていません。気になる臭いもほとんど無く、室内でも安心して使用できます。

【使用する道具】
(ペイント館で販売しています)
ベンジャミンムーアペイント リーガルアクアベルベット(3.8リットル)1缶/すじかい刷毛(10号)/ローラー(中毛、6インチ)/バケット/マスキング用テープ(15mm、30mm)各1個/カワスキ/ウェス/新聞紙

使用方法
  • 壁紙に付着している汚れ、ごみ、ほこり等は中性洗剤等で拭き取りキレイにしてください。
  • 基本的には薄めずにそのまま塗装してください、塗料の状態により水をたして調整して下さい。
  • ローラーは中毛が最適です。
標準使用量
  • 1リットルで5から6m2(2回塗り)
注意事項
  • 室内を塗装する場合は窓を開け、換気に充分気をつけて下さい。
  • 壁紙の素材によってはシーラーを使用してください。
  • 残った塗料は缶に戻しましょう、少量のときは小瓶に移し変えてください。高温、多湿、直射日光を避ければ 約1年もちます。
  • 刷毛やローラーは新聞紙でしごいてから、水洗いをして陰干しします。
  • 塗装前に容器に、記載されている注意事項をよくお読みください。
後片付け
  • 残った塗料は缶に戻しましょう。少量のときは小瓶に移し変えて下さい。
    高温・多湿・直射日光を避ければ約1年持ちます。
  • 刷毛やローラーは新聞紙でしごいてから、水洗いをして陰干しします。
使用する道具

ページの上へ

壁紙の塗替えにチャレンジ!
1)塗装前、壁紙の汚れは中性洗剤で水拭きします。剥がれや穴は補修材で補修します。
剥がれや穴は補修材で補修

2)マスキングテープでペンキがつかないように保護します。床には養生シートを広げます。
床は養生シートで保護

3)コンセントやスイッチなど細かい所もマスキングテープで保護しましょう。
細かいところもマスキングテープで保護

4)部屋の隅などローラーが入らない場所は刷毛で先に塗ります。
ローラーが入らない場所は刷毛で先に塗る

5)ローラーはバケットでペンキとよくなじませてから、W字を描くように動かしながら横へ広げましょう。
ローラーはなじませてから

6)狭いところには小さいローラーを使うと便利です。
小さいローラーを使うと便利

7)1回目が塗り終わり約1?2時間で表面が乾燥したら、2回目も刷毛から始め、ローラーで仕上げます。
乾燥したら2回目も刷毛で

8)塗り終わったら半乾きのうちにマスキングテープをはがし、乾燥したら完成です。
塗り終わったら半乾きのうちにマスキングテープをはがず


ページの上へ

?